通関士の合格率

独学の注意点

●最も気を付けるべきは「独りよがり学習にならないこと」


通関士試験に独学で挑戦しようという受験生にとっては、タイトルの通り、「独りよがりの学習に終始しないこと」を常に心にとめておくことが非常に大切です。

学習計画から教材選び、実際の勉強までをすべて一人で進めていく独学受験生の場合、自分の取り組みを客観的に見てくれる存在がありません。

最悪の場合、せっかく苦労して勉強を積み重ねても結局的外れな努力だった、となってしまう可能性は十分にあります。
そうならないためにはどうするべきなのかを、考えてまいりましょう。



●あくまで「出題傾向に合っているか」を重視した取り組みを


通関士試験にしろ他の国家試験にしろ、各回一定レベルで合否を分けなければならない試験であれば、必ず出題傾向があります。
これから合格を目指す皆さんは、覚えること一つひとつについて「試験に出るのか、出ないのか」を常に意識することが不可欠であると言えましょう。

「そんなこと、当たり前」と思う方もいるかもしれませんが、独学受験の場合、実はつい疎かにされがちなポイントなんです。

例えば、「マニアックな知識を習得したら、それだけで賢くなった気がしてしまう」「出題実績のない事項について、どうも気になって必要以上に掘り下げてしまう」等は、通関士試験を始めとする難関国家資格の独学受験生によくありがちな失敗例です。

いざ勉強を始めてみると、誰しも多少なりとも自分なりのこだわりが出てくるものです。
その点を客観的に考えられれば良いのでしょうが、一人きりで勉強を続けているとついそのまま誤った方向へと進んでしまいがちになります。
夢中になるあまり、つい自分のモノサシで突っ走ってしまうことも十分にあるんです。

せっかく頑張った結果が「出題傾向を大きく逸脱した学習」にならないよう、「常に出題傾向を意識すること」は通関士独学受験生であれば必ず心得ておくようにしましょう。



●可能であれば、専門の対策講座の受講を


通関士試験に効率良く合格したい受験生であれば、独学にこだわらず、通信教育等のツールの活用を検討されるのが得策です。
専門の対策講座であれば、まずカリキュラムが出題傾向を加味したものになっているので安心ですし、テキストや講義の中で逐一覚えるべきポイントを提示してもらえます。

つまり、間違った方向に突っ走ってしまうリスクを最小限に抑えることができわけです。

時間的な余裕や金銭面等、講座受講に向けて検討すべきことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、資格受験を決意した以上、現段階での最重要事項は「試験に合格すること」です。

独学にこだわるあまり、何年も時間を費やしたり、毎年テキストを買い続けていたりしたのでは本末転倒ではないでしょうか。
講座受講とはあくまで、自分自身への投資だと考えれば、決して無駄ではないでしょう。

>>短期間で効率よく通関士の資格を取るための勉強法とは?