通関士の合格率

2000年に入ってからは、合格率10%未満の難関資格に。

通関士の試験は3科目ですが、現在のところ合格点の発表はされておらず、合格点が何点か(明確な合格基準)は正確にはわかりません。
ただ、合格者のインタビューなどから判断すれば、満点の65~70%くらいが合格ラインではないかと思われます(その回により異なります)。

ただ、税関も毎年行われる通関士試験の、受験者数と合格者数おより合格率は公表しています。このページでは、この公開データをもとに試験の難易度を推し量ってみたいと思います。

【近年の試験結果】
  受験者数 合格者数 合格率
2006年度 10,357人 725人 7.0%
2007年度 10,695人 820人 7.7%
2008年度 10,390人 1,847人 17.8%
2009年度 10,367人 807人 7.8%
2010年度 9,490人 929人 9.8%
2011年度 9,131人 901人 9.9%
2012年度 8,972人 769人 8.6%
2013年度 8,734人 1,021人 11.7%
2014年度 7,692人 1,013人 13.2%
2015年度 7,578人 764人 10.1%

これを見ると、このところの平均合格率は、10%を若干下回る水準にあります。
かつて通関士の合格率は20%を超える時期が続いていましたが、当時に比べるといまの合格率は半分以下です。ただし合格者数自体は、60年代よりずっと年間1000名水準で、むしろ微増の傾向にあるのです。

このことには、税関が合格者の人数を制限している、という背景があります。国際物流が増えているといっても、通関士のニーズが極端に増えているわけではありません。
また「安定感ある通関士」という職業においては、多くの先輩方が定年まで勤め上げます。

なだらかな新旧交代という意味でも、年間1000名程度の合格者輩出が、合格者にほぼ就職を約束する結果になる、と税関も考えているのではないでしょうか。

一般に資格試験には、合格率が10%以下の資格は「難易度が高くかつ活用度の高い資格」と認識されています。通関士の資格はいま、まさにそうした上位ランクの資格として位置づけられています。

現在通関士の資格は合格率が低い(難易度が高い)資格になっています。しかしそれはこの資格を取得する人の大多数が、実際に通関士として活躍することが約束されているから、と捉えてもよいでしょう。

通関士は、その安定性や将来性ゆえに、多くの若い方が価値を置いている資格です。
1度の試験で合格を勝ち取るためにも、しっかりと試験準備をして臨みたいところです。

<お薦めの通関士講座>

第1位 フォーサイト
コンパクトな情報量で合格へ導く通信教育のリーディングカンパニー。迫力があって観やすい講義DVDのクオリティーも圧巻です。
フォーサイトの詳しい情報はこちら→ http://www.foresight.jp/tsukanshi/

第2位 ユーキャン
CMでもでもおなじみの生涯学習の通信講座です。イラストや図表を多用した教材には、わかりやすく学べる工夫が満載されています。
ユーキャンの詳しい情報はこちら→ http://www.u-can.co.jp/

第3位 TAC
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」で通関士を目指す方への一押し校がTACです。
TACの詳しい情報はこちら→ http://www.tac-school.co.jp/

>>短期間で効率よく通関士の資格を取るための勉強法とは?