通関士の合格率

独学に必要な準備

時間的な不効率こそありますが、独学は勉強方法の中で、一番身につく方法かもしれません。1から10まで自分の判断と責任で、通関士の試験内容について、一つひとつ解明していく学習方法だからです。

そのぶん時間はかかってしまいますが、純粋に勉強を楽しみながら通関士の合格を目指すのなら、独学もまたよいでしょう。

●独学での適正学習期間は「6カ月~1年程度」。

標準学習時間を繰り返しますが、独学で学習する方は、「6カ月~1年程度」の学習を覚悟してください。
スクール等の「通関士講座」では、10月上旬の本試験に合わせ、講座を4~5月に開講しています。つまり効率良く学習できる点がメリットの専門学校でも、通関士の試験対策には約半年の時間を掛けているということです。
すべてを独力でやり切らなければならない独学では、学校利用よりずっと学習量が必要になることはご納得いただけるでしょう。

■準備する教材

参考書(基本テキスト)と、レジュメ集、問題集の3つを揃えてください。
以下に管理人お薦めの教材を紹介します。

●基本テキスト
『通関士試験合格ハンドブック』(中央書院)
※試験合格に必要な用語や定義が、適切な情報量でまとまっています。独学者向けの定番テキスですが、専門学校や通信講座を利用される方のサブテキストとしてもお薦めです。
『出る順通関士合格テキスト』(東京リーガルマインド)

●レジュメ集とは
レジュメ集は、基本テキストのなかの重要箇所を抽出したものです。一通り学習が進んだ段階でレジュメがあると、ポイントの再確認が効率的に進みます。レジュメ集は資格の専門学校等で販売しています。
一例として東京リーガルマインドのレジュメを紹介します。
http://www.lec-jp.com/system/resume/

●問題集お薦めは…
『通関士試験テーマ別問題集』(中央書院)
『出る順通関士セレクト本試験問題集』(東京リーガルマインド)

上記以外にも、内容の濃い独学用の教材はあります。実際に書店で手にとってみて、最後はみなさんが使いやすいモノを購入してください。教材を選ぶポイントとしては、
(1)情報量が多い(なるべくページ数が多くボリュームがる)
(2)図説をたくさん使っていて視覚的に解説されている

などを基準にすると良いと思います。

通関士試験準備は、評判のよい講義DVDで進めるのが堅実です!
http://www.foresight.jp/tsukanshi/

>>短期間で効率よく通関士の資格を取るための勉強法とは?