通関士の試験合格は、過去問でおおかた決まってしまう!? 

受験勉強に過去問は必須

通関士の受験勉強では、第一にテキストが必須です。

第二に必須なのは「過去問題集」でしょう。

通関士の試験は、勉強法を間違えなければまったくの門外漢でも1発で合格できる難易度です。
油断はとにかく厳禁ですが。

どうして無知な受験者でも合格が可能なのかと訊かれたら、「過去問があるから」と答えたほうがいいかもしれません。

通関士の過去問は、合格のためのヒントがずらりと詰まっている貴重な資料なのです。

通関士の試験では過去問を何度も何度もやることが大切ですね。

勉強時間があまり取れない人でも、同じ試験問題を最低でも3回は解きたいところです。

できれば5回は解いて、万全の対策を施したいところでしょう。

過去問の効能を手早くまとめておきました

POINT・テキストと過去問を往復することで、テキストを読み進むスピードが加速する
(その結果、テキストの理解が早まる点も、間接的な効能と呼べるでしょう)
・出題範囲の特徴が、繰り返し解いているうちになんとなく見えてくる
・問題を解くスピードが速くなる
・よく問題が出されるところについては、点を取りこぼさなくなる

通関士の試験勉強ではテキストと一緒に過去問を慎重に選ぶこと、そして念入りに使い込むことが肝心です。

時間がないときでも、「ちょっと手が空いたときなんかに軽く1問やっておく」それくらいの意欲を持ちながら、過去問をやるようにしてください。