通関士の「4つの仕事」の具体的な内容

通関士の仕事とは、輸出入者からの依頼を受けて、その代理として通関業務を行うことであり、通関業務には、①通関手続、②不服申立て、③税関に対する主張・陳述、④通関書類の作成という4つの仕事があります。

通関手続

本来は、通関手続きというのは、輸出入者自身が行うものなのですが、手続きが高度化かつ煩雑化している現在、自ら行っている人・会社はほとんどありません。

そんな輸出入者に代わって、税関に対して輸出入の申告をし、許可や申請を受けるまでの手続きを、通関士は行います。

具体的な通関手続としては、「輸出・輸入の申告」「関税・消費税の申告」「貨物のチェック」「積込みの申告」「保税地域に貨物を置く申請」などがあり、こうした手続きはすべて、関税法やその他の法令に基づいて行われます。

不服申立て

上記の通関手続に対して、税関長が認めず、何らかの処分を下すといったケースもあります。

その処分が不服な場合、通関士は、輸出入者の代理として不服申立てをすることになります。

もし、この申立てに対する税関長の決定に不服がある場合には、今度は財務大臣に対して審査請求をすることができます。

税関に対する主張・陳述

税関から調査・検査・処分があった場合、通関士は、輸出入者の代理として、税関官署に対して主張または陳述を行うことができます。

そのため、税関による貨物検査の際には、一緒に立ち会ったりもします。

税関に対する主張・陳述は、通関業者の独占業務ですから、たとえば弁護士などもこれを行うことは原則ありません。

通関書類の作成

手続きには書類がつきものです。

そこで通関士は、輸出入者の代理として各種通関書類の作成も行います。

通関書類には「輸出申告書」「輸入(納税)申告書」「意義申立書」「審査請求者」などがあり、またこれに準ずる書類として「更正請求書」「納付書」「過誤納金充当申立書」などがあります。

ちなみに、このうち一定の書類については、通関士の審査が義務づけられています。

その審査のために、通関士は、保管された貨物を実際に見に行き、確認を行います。